弁護士依頼

自分自身の加入する保険に弁護士費用特約がついているのであれば、それは、保険会社が弁護士費用を負担してくれる特約なので、交通事故被害に遭った人たちは、示談交渉を、弁護士費用の負担なくしてもらうことが出来ます。やっぱり、保険会社という法律のプロフェッショナルとしっかり向きあうためには、こちらも、弁護士という法律のプロフェッショナルに相談する姿勢が正しいのではないでしょうか。

いきなり相手の保険会社の担当者が交渉に訪れ、示談の話をされて、面倒くさいから受けてしまおうというモチベーションはついつい生まれるかもしれません。 実際に自分自身でも示談は可能です。弁護士と関わり合いを持つことが嫌という人たちもおられるのではないでしょうか。

しかし、やっぱり示談というものは、自分自身で簡単に出来るほど一筋縄でいくものではないと考えるべきではないでしょうか。お互いに、話しあいをして納得することが出来れば、民法の 和解契約 ( 民法 695 ~ 696 条 )に該当するため示談金 ( 損害賠償金 )の額は自由に決めることができます。しかし、本来受け取ることができる額よりも低い額を提示されているのに納得していることもあるかもしれません。

保険会社から示談金の提示があった場合は、必ず弁護士にチェックしてもらった方が良いでしょう。示談が成立してしまうと、よほどの理由がない限り基本的にやり直しは出来ません。保険会社が提示する額は裁判所基準よりはるかに低い額の場合が多いです。適正な額かどうか、示談を成立する前に弁護士に確認してもらうようにしましょう。

 

保険会社から示談金として賠償額が提示された場合,一度,弁護士に相談し,チェックしてもらうことをおすすめします。示談をしてしまうと,特別な事情がない限りやり直すことはできません。保険会社は,裁判所が認めている金額よりも,はるかに低い金額を提示する場合がほとんどですので,それが適正な金額かどうかは慎重に判断しなければなりません。

 

被害者が無知で保険会社が得をしてしまっているケースも多くあり、何で被害を受けて痛い目に遭ったというのに、保険会社に得をさせなければならないのでしょうか。そのような理不尽なことが起きて、のちのち後悔しないためにも法律家に相談することをおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分自身で示談

保険会社は営利企業なので、みなさんが黙っていれば、出来る限り低い金額を提示しようと思っているでしょう。保険会社が提示する示談金が妥当な額とは絶対に思わないでいただきたいのです。

保険会社のいいなりに示談をしてしまっても、後で、その示談金が相場より低いものと分かっても、これを覆すのは困難です。みなさんどこかで、安易に示談をしてはならないということは聞いたことがあるのではないでしょうか……。

交通事故被害に遭った人たちは、自分の加入している任意保険会社に相手方との示談交渉を代行してもらうということを考えるかもしれません。しかし、ここには注意をしなければならないことがあり、被害者が過失割合0の事故においては、被害者の保険会社は相手側と示談交渉をすることが出来ません。ですから、弁護士に依頼という方法以外には、自分自身で問題を解決していかなければならないということになります。

そもそも、保険会社という存在は、自身に損害が発生する件しか、交通事故被害に遭遇して当事者に代わって交渉や示談をすることが出来ないというルールがあります。そこで、自分自身の加入する保険に弁護士費用特約があるかチェックしてみましょう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故被害

いま、事故被害に遭った人たちは、示談とどのような向きあい方をしているのでしょうか。実際に、事故にあって頭がパニック状態というのに、日常生活でいままで遭遇していないような難しい法律とも向きあうことになります。ほとんど、それは自分自身の力では無理と言いたいのです。

そのようなとき、弁護士に相談するというモチベーションを持つことで気分はどんなに楽になることでしょう。事故に遭遇すれば、示談という問題とみなさんそれぞれが向きあうことになります。示談金の額に相当困っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当事者間での紛争解決の合意のことを示談と言います。事故に遭ってしまった場合には、当事者の間で生じる損害の賠償について話し合いが行われることになるのが一般的とされています。そのときのひとつひとつの交渉が、示談交渉なのです。

交通事故の賠償金ついて、示談交渉をしていかなければなりません。しかし、現代社会において、示談交渉は、当事者同士で行うのではなく、交渉のプロである保険会社が交渉を代行するのが一般的ルールとされています。相手側から、法律のプロフェッショナルが登場してきて、そのような人たちの提示した示談金をそのまま受けいれるという姿勢は出来る限り持ちたくはありません。なぜなら、保険会社という存在は、あなたにメリットがある示談金の提示をしてくれとは限らないためです。保険会社も、営利的企業なのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket