自分自身で示談

保険会社は営利企業なので、みなさんが黙っていれば、出来る限り低い金額を提示しようと思っているでしょう。保険会社が提示する示談金が妥当な額とは絶対に思わないでいただきたいのです。

保険会社のいいなりに示談をしてしまっても、後で、その示談金が相場より低いものと分かっても、これを覆すのは困難です。みなさんどこかで、安易に示談をしてはならないということは聞いたことがあるのではないでしょうか……。

交通事故被害に遭った人たちは、自分の加入している任意保険会社に相手方との示談交渉を代行してもらうということを考えるかもしれません。しかし、ここには注意をしなければならないことがあり、被害者が過失割合0の事故においては、被害者の保険会社は相手側と示談交渉をすることが出来ません。ですから、弁護士に依頼という方法以外には、自分自身で問題を解決していかなければならないということになります。

そもそも、保険会社という存在は、自身に損害が発生する件しか、交通事故被害に遭遇して当事者に代わって交渉や示談をすることが出来ないというルールがあります。そこで、自分自身の加入する保険に弁護士費用特約があるかチェックしてみましょう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket